貿易実務検定と通関士の資格ブログ

貿易実務検定C級、B級と通関士の資格取得に役立つ情報を提供するブログです

MENU

貿易実務検定とは?

f:id:tokai_futbolsala318:20160609213516p:plain

こんにちは、ムチャーチョです。

今回は、「貿易実務検定とは何か」について書き綴っていきます。

 

貿易実務検定とは?

貿易実務検定とは、日本貿易実務検定協会が実施する貿易実務能力に関する検定のことです。

1998年1月に日本貿易実務検定協会が設立され、同年の3月に第1回貿易実務検定を実施されました。年齢・国籍を問わず誰でも試験を受けることができ、貿易の初歩的な経験、知識レベルの「C級」から、高度な経験、知識が求められる「B級」「A級」と3段階のレベルで構成されています。現在では、商社・物流・メーカー・貿易関連組合・人材派遣会社・大学・専門学校などにおいて、当検定プログラムに準拠した研修等が行われ、2010年に入り受験者数が約10万人にもおよびます。

これだけの人がこの試験を受けているだけあって、物流、貿易業界で仕事をする上で欠かせない資格となっています。

試験日

試験日は、検定によって異なり、下記のようになっています。

A級:12月
B級:3月、7月、12月
C級:3月、5月、7月、12月

受験会場

東京・横浜・千葉・大阪・名古屋・福岡・神戸の7都市で行われます。

難易度

  • A級(概ね、3〜5年以上の実務経験のレベル)貿易実務において判断業務を行うことができる実力を証明するレベル。
  • B級(概ね、1〜3年以上の実務経験レベル)貿易実務経験者の中堅層を対象としている。
  • C級(概ね、1〜3年以上のレベル)定型業務をこなすために必要な知識があることを証明するレベル。

 

各級の出題範囲

 

  1. A級:上記の全て出題
  2. B級出題範囲:上記の貿易税務・英作文を除く全て出題
  3. C級出題範囲:上記の貿易税務・港湾知識・航空貨物・クレーム・英作文を除く全て出題

合格基準

  1. A級:各回毎の基準点
  2. B級:210点(70%)を基準として試験委員長の定める点
  3. C級:160点(80%)を基準として試験委員長の定める点

平均合格率

  1. A級:7.7%
  2. B級:39.8%
  3. C級:52.8%

ご一読頂き、ありがとうございました。

ムチャーチョ

参考文献:貿易実務検定 - Wikipedia